ビットバンクトレード(bitbank Trade)の使い方を解説。追証なし!レバレッジ最大20倍でビットコインFXをはじめよう!

ビットバンクトレード(bitbank Trade)

こんにちは。マッスルです。

今日は私が一番はじめにBTCFX(ビットコインFX)をはじめたビットバンクトレード(bitbank Trade)を紹介します。

ちなみに、先日紹介したビットバンク(bitbank.cc)とビットバンクトレード(bitbank Trade)は別なので注意。運営している会社は同じなのですが、現物取引を行う場合はビットバンクビットコインFXの場合はビットバンクトレードと覚えておこう。

BTCFX(ビットコインFX)とは

BTCを対象として、将来のあらかじめ定められた期日に、現時点で定められた約定価格に基づき売買する取引(先物取引)です。BTCFXにおけるレバレッジは最大20倍で、「買い建て(ロング)」「売り建て(ショート)」が可能なので、上げ相場・下げ相場、どのような相場状況でも利益獲得機会があります。また、お取引は、注文受付停止時間を除く、土日夜間を含めて、ほぼ24時間365日取引が可能です。

※bitbanktradeのサイトから引用

“マッスル”

ビットバンクトレードはビットコインFXに特化した取引所になります

ビットバンクトレード公式サイトへ

ビットバンクトレード(bitbank Trade)のメリット・特徴

追証がない!

追証(おいしょう)とは、追加証拠金の事です。レバレッジ取引をするために預けるお金が不足してしまうと追加でお金を足さないといけなくなります。

ビットバンクトレードの場合、この追証がないため投資した金額以上の損失がありません。FXに不安を抱いている人の多くが、追証で投資金額以上の損失に対して不安を感じているのではないでしょうか。

ビットバンクトレードでは、証拠金維持率20%になった時点で強制的にロスカットされるため、投資金額以上の損失が出ないような仕組みになっています。

“マッスル”

要は投資元本以上の損失が発生しないという事。マッスルがビットバンクトレードを愛用している理由のひとつだよ

最大20倍のレバレッジをかける事ができる!

レバレッジとは「テコの原理」を表したもので、小さな資金で大きな資金を動かすことができることが特徴です。

例えば手元に10万円あるとします。最大レバレッジは20倍なので、200万円分のビットコインを買うことができます。レバレッジをうまく活用すれば大きな利益を短期間であげることが可能です。

しかし気をつけなくてはならないのが、利益と同じく、損失も大きく出てしまう可能があるという事です。

ビットコインFXに慣れていない人や、相場が読めない局面には、高いレバレッジはおすすめできません。自分が決めたルールで、自分に合ったレバレッジで取引するようにしましょう。

“マッスル”

どうしてもレバレッジ最大で勝負したい人は少額の資金からスタートするのも手ですね。これは追証がないビットバンクトレードならではの勝負方法ですね💪

スワップポイント(借入手数料)がない!

ビットバンクトレードの場合、スワップポイント(借入手数料)がありません。簡単にいうと、1週間ポジジョンを持ち続けても金利を払う必要がありません

例えばビットフライヤー(bitflyer)でビットコインFXをする場合、毎日0.04%の借入手数料を支払う必要があります。レバレッジが高くなると、スワップポイントの支払いも大きくなってしまいます。

この点、ビットバンクトレードはスワップポイント(借入手数料)を気にせずポジションを持ち続ける事ができます。中期、長期目線で長くポジションを持つ場合はかなり有利になります。

インターフェイスが軽くて使いやすい!

ビットコインFXでよく耳にする現象のひとつ「注文が通らない!」というものがあります。

これは相場が大きく動いた際に起こる現象でもありますが、サイト自体が重いと注文が通りづらくなったり、最悪の場合サイトが落ちてしまう事があります。

“マッスル”

某サイトでは大事な局面でサイトが落ちてしまい、まったく身動きが取れなくなった事がある。ホント勘弁してほしい!

ビットバンクトレード取引画面

ビットバンクトレードの取引画面は至ってシンプル!動きもサクサクで、注文が通らない事やサイトが落ちてしまう心配はほとんどありません。

“マッスル”

取引画面がシンプルでわかりやすいのも特徴のひとつだな。今までFXをバリバリやってきた人には少し物足りない情報量かもしれないが、マッスルはこの画面に安心感を抱いている。

両建てが可能!

「両建て」とは、「買い(ロング)」と「売り(ショート)」のポジションを両方同時に持つことをいいます。

相場のトレンドがわかった時点でどっちかのエントリーを決済し、利益が出ている方のエントリーをそのまま伸ばしていくという方法がとれます。

“マッスル”

両建てはある程度のトレードスキルが必要になってくるけど、うまく使って利益を伸ばしたいですね

24時間・365日・土日も取引可能!

通常、証券市場は土日は閉鎖しています。株式はもちろん、FX市場も取引を行うことができません。

ところがビットコインFXは土日も取引が可能です。もちろんビットバンクトレードでも24時間、土日も取引が可能です。

ただし一点注意すべき点は、毎週金曜日のシステムメンテナンスの時間です。

毎週金曜日の16:50から最大3時間程度、注文ができないので注意してください。

“マッスル”

システムメンテナンスの時間でもポジションは持つ事ができる。しかし、この時間に決済する事はできないので注意が必要だ

ポートフォリオで常に日本円で残高・利益・損失が確認できる

取引所特有の単位や、ドル単位ではなく、日本円で現状を確認できるのは、日本の取引所のメリットですね。

ポートフォリオ

“マッスル”

現状どのくらい利益・損失があるのか、日本円で確認できる点が良いよね。ゲーム感覚にならずにシビアな勝負を心掛けたいですね!

スマートフォンで取引ができる!

専用のスマホアプリはありませんが、サイトがスマートフォンに対応しているので、スマートフォンから注文・決済を行う事ができます

スマホで取引可能

“マッスル”

外出先でも安心して取引ができるのは嬉しいよね〜

ビットバンクトレード公式サイトへ

ビットバンクトレード(bitbank Trade)のデメリットは?

メリットをいくつか挙げましたが、逆にデメリットはないのか、考えてみました。

日本円での入金・出金ができない

ビットバンクトレードは国内の取引所ですが、日本円での入金、出金ができません。取扱い通貨はビットコインのみになります。

入金の場合は、ビットコインを送金してトレードをはじめる事になります。

また出金の場合は、ビットバンク(bitbank.cc)などの取引所を経由して、日本円に替えて銀行口座へ出金する流れになります。

“マッスル”

ビットバンク(bitbank.cc)へ登録してない人は、ビットバンク紹介ページも見てくれよな。

取引手数料が割高

新規の注文に対して「0.01%」、決済時利益に対して「0.2%」の取引手数料(損失が出た場合は発生しません)が発生します。※2018年3月現在

決済時利益に対して0.2%の手数料は高い!と思われる人もいるかと思います。これは相場が急変した時に、証拠金以上の損失が出た場合にその補填に使われます。ロスカット時に証拠金を上回る損失を負担する必要がないのはこの仕組みによって成り立っています。

“マッスル”

追証が発生しないのは、決済時に手数料を取る事でまかなっているという事ですね

この注文・決済時にかかる手数料は、他社に比べるとはっきりいって割高です。これは短期で何度もトレードを行う「スキャルピング」には向きません

取引の回数分、手数料が上乗せになってしまうからです。

ビットバンクトレードは、相場が上がるか下がるか、ある程度方向性を決めて、スワップポイント(借入手数料)を気にせず、長時間ポジションを持てる事がメリットです。

小さな値動きで、何度も決済を行う方法では手数料分で損する可能性がある事を意識しておきましょう。

“マッスル”

俗にいうスキャルには不向きなんですね。方向性をしっかり定めて、握力高めに勝負するぜ!

招待コードを利用して手数料20%オフ!

招待コードを入力して登録を行うと、登録完了から6ヶ月間はビットコインFX取引手数料が通常の20%割引となります。

マッスルの招待コードから登録してもらえると嬉しいけど、新規登録者は手数料を低くするためにも招待コードを利用して登録をおすすめします。

ビットバンクトレード(招待コード利用)の登録はこちらから

番外編。マッスルが気づいてしまったビットバンクトレードのバグ

これはマッスルが実際の取引の中で気が付いた事ですが、「ロスカット」が発生した時に、即座に新規注文を行うと、証拠金以上の注文ができてしまいます…

これには少し混乱してしまったマッスルですが、その数秒後、強制的にロスカット決済をされてしまいました。

おそらくロスカットから残高の処理までに、数秒の時間がかかってしまう事が原因だと思います。

結果として、2度目の強制ロスカットで、残高がほぼなくなってしまうという悲劇に。

ロスカット時に即座に新規注文

これが実際の取引履歴。500枚の取引でロスカットされた後に、513枚の新規注文ができてしまってます・・・

しかし、その後わずか8秒で強制ロスカット決済されました。そして残高が本来の枚数以下になってしまいました。

“マッスル”

これを見た良い子は、絶対真似をしないようにしてくれよな…

この件はビットバンク社に問い合わせをして、調査を行っていただきました。お問い合わせから2週間ほどで残高を調整していただきました。

そして「こちらの事象につきましては現在改修をすすめております。」との事なので、安心して取引ができるように、早い段階で改修をお願いしたいです。

※こちらのバグは2018年2月24日に発生し、3月9日の時点で改修をすすめているとの事なので、現在このバグは改修されているかもしれません。

“マッスル”

ロスカット決済されたからと言ってマッスルみたいに熱くならずに、少し時間を置いて冷静になろう!マッスルも気をつけたいと思う

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の登録方法

前置きが長くなってしまいましたが、ここから登録方法をお知らせします。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)から登録を行います。

ビットバンクトレード 登録画面

メールアドレス、パスワード(使い回しはやめておきましょう!)、「私はロボットではありません」にチェックを入れて「登録」をクリックします。

招待コードを利用する事で取引手数料が半年間、通常の20%割引となりますので、ぜひご利用ください。

ビットバンクトレード(招待コード利用)の登録はこちらから

登録手続き

仮登録メールが先ほど入力したメールアドレス宛に届きます。

メール内容

ビットバンクトレードからのメールを確認し、添付されているURLをクリックします。

同意事項のご確認

「同意事項をご確認ください」のページにジャンプするので、内容をしっかり読んで確認が終わりましたら、すべての項目にチェックを入れて「利用開始」をクリックしてください。

ビットバンクトレード登録完了

これで登録は完了です!「ログイン」ボタンをクリックして「取引パスワード登録」を行ってください。

取引パスワードの設定

注意
取引パスワードとは、新規注文・新規決済・BTC引出・ログインパスワード変更時に求められるパスワードの事です。

はじめに登録した「ログインパスワード」とは異なるので注意しましょう。

また、注文時に取引パスワードを都度確認するかどうかは設定で変更可能です。

“マッスル”

ちなみにマッスルは、注文時の取引パスワードは確認しないように設定している。FXは注文のタイミングがとても大事だからね

取引画面

取引パスワードの設定が終わると、トレード画面に移動します。

bitbank.cc(ビットバンク)とアカウント連携して出金上限を上げよう

ビットバンクトレードにはアカウントクラスというものがあり、初期設定では10万円相当のビットコインしか出金ができません

アカウントクラス

このアカウントクラスを上げるために、bitbank.cc(ビットバンク)で本人確認を行う必要があります。

bitbank.cc(ビットバンク)の登録・本人確認のやり方はこちらから

bitbank.ccで本人確認が完了している場合は、すぐにアカウント連携が行えます。

アカウント連携

アカウント連携

bitbank.ccのメニュー「アカウント連携」から、連携パスワードをコピーしてきます。

連携パスワード

次に、ビットバンクトレードのメニュー「入出金」→「BTC引出」ページで、先ほどコピーした連携パスワードを貼り付けます。

「連携」ボタンをクリックすると、アカウント連携が完了です!お疲れ様です〜。

これで1日500BTCまで引出しが可能になりました。

ビットコインを入金してトレードを開始しよう

ビットバンクトレードは、日本円を直接振り込む事ができません。

予めビットコインを用意して、ビットバンクトレードのBTCアドレスへ送金するようにしましょう。

BTCアドレス

メニューの「入出金」→「BTC預入」でBTCアドレスが表示されます。こちらに送金しましょう。

現物口座からFX口座へ振替しよう

ビットコインの入金が反映されたら、現物口座からFX口座へ振替をします。

口座振替

振替は簡単で、メニュー「トレード」→「口座振替」ページに移動します。

そこで、「現物口座→FX口座」を選択し、「振替数量」を入力して、「取引パスワード」を入力して、「振替予約」ボタンをクリック!

これでFX口座にビットコインを預け入れる事ができます。処理は数分で完了します。

これでビットコインFXの準備がすべて完了!さあ勝負の時間です!

色々な手続きお疲れ様でした!ここからビットコインFXがはじまります。

ビットバンクトレード公式サイトへ

トレード画面

「BTC FXトレードする」ボタンをクリックするとトレード画面へ移動します。

限月の選択

すると赤枠で囲んだ部分、3つのタブが選択できるところに注意です。

これは最終的に決済される「日付」を表しています。

先物取引における限月とは?

ビットバンクトレードは、「信用取引」ではなく「先物取引」である事が特徴です。

先物取引とは

先物取引をドル円で説明します。現在1ドル = 100円だと仮定します。

そこであなたは、1ヶ月後に1ドル100円で買う「約束」をします。そして1ヶ月後には、なんと120円になりました。

あなたは1ドル100円で買える「約束」をしていますので、ドルを買います。そしてそのドルを売れば、120円 – 100円 = 20円の利益が出ます。

これが先物取引です。ビットバンクトレードは、ビットコンを用いた「先物取引」となります。

先物取引には期限があり、期限が満了する月のこと「限月(げんげつ)」といいます

先ほどのタブで区切られた「BTCFX0323」、「BTCFX0330」、「BTCFX0629」はそれぞれ期限を表しています。

例えば、「BTCFX0323」は3月23日(金)17時のレートで、自動的に決済される仕組みとなります。

この期限満了日までに反対売買せず、取引期限による自動決済を「期日決済」といいます。

なお期日決済においては、取引手数料はかかりません。

3つのタブの中から、期限満了日を「週末」「来週末」「四半期(3・6・9・12月の最終金曜日)」のどれかを選択する事になります。

今週物 来週物 四半期物
取引期限満了日 今週金曜日17時 来週金曜日17時 3,6,9,12月の最終金曜日17時

“マッスル”

期限満了を意識したくなければ、一番右の「四半期」を選択すればOK!

指値注文をしてみる

「指値」とはその名の通り、値段を指定して注文する方法です。板に出ている値と取引量に対して、「指値」で注文ができます。

指値で注文

執行条件は「指値」を選択し、注文価格は指定の値段を、数量でお好きな枚数を入力します。

現在のレートから上がると思えば「新規買注文(ロング)」ボタンを、下がると思えば「新規売注文(ショート)」ボタンを選択します。

BBO注文とは?

執行条件の「BBO」は、Best Bit Offer(ベストビットオファー)の略で、値段を指定しない注文方法です。最も高い買い注文(ベストビッド)および最も安い売り注文(ベストオファー)を注文時にシステムが自動的に選択して注文が行われます。ただし、価格急変時には約定しない可能性もございますのでご注意ください。

“マッスル”

注文のやり方はこれだけ。簡単だよね!現在のポジジョンを決済したい場合は、「買注文」の場合は「売決済」、「売注文」の場合は「買決済」を行えばOK!

ビットバンクトレード(bitbank Trade)のまとめ

  • 追証がない
  • 最大20倍のレバレッジをかける事ができる
  • スワップポイント(借入手数料)がない
  • インターフェイスが軽くて使いやすい
  • 取扱い通貨はビットコインのみ
  • 短期トレード(スキャルピング)には向かない
  • 中・長期で長くポジションを持ちたい人にはおすすめ
  • 操作がわかりやすくとても簡単

FX初心者の人は、まずは小さい額からスタートしてみましょう。操作がとても簡単なので、すぐに直感的に理解できるかと思います。

上げ相場・下げ相場でも利益を出せるのがビットコインFXのメリットです。

自分のトレードスタイルを確立して、みなさんのビットバンクトレード・ライフが輝く事を願っています。

今日はここまで!

 

招待コードを利用して手数料20%オフ!

招待コードを入力して登録を行うと、登録完了から6ヶ月間はビットコインFX取引手数料が通常の20%割引となります。

新規登録者は手数料を低くするためにも招待コードを利用して登録を行いましょう。

ビットバンクトレード(招待コード利用)の登録はこちらから