【仮想通貨FX】BitMEX(ビットメックス)入門編!追証なしのレバレッジ100倍!登録から使い方を解説

BitMEX(ビットメックス

こんにちは。マッスルです。

今日は話題沸騰のBitMEX(ビットメックス)の登録の仕方、使い方をご紹介します。

追証なし!レバレッジが最大100倍!ビットコインだけでなく、アルトコインにもレバレッジをかけてFXができる!しかも日本語対応

これは流行ってしまう理由がよくわかります。

FXの経験がない人にも、迷わず使えるように、BitMEX(ビットメックス)の登録から基本的な使い方までをご説明します。

BitMEX(ビットメックス)公式サイト

BitMEX(ビットメックス)はどんな取引所?

BitMEX (ビットメックス)は、Bitcoin Mercantile Exchange(ビットコイン・マーカンタイル・エクスチェンジ)の略称です。

香港を拠点とする仮想通貨の取引所です。

「HDR Global Trading Limited」の子会社として、2014年に設立し、公式サイトによると創立メンバーはたったの3人の少数精鋭でスタートしています。

BitMEX(ビットメックス)の強み

最大レバレッジ100倍での取引が可能!

ビットメックスの一番の特徴は何と言っても最大レバレッジ100倍での取引が可能な点です。つまり、10万円の資金があれば、その10万円を証拠金として、最大1,000万円の取引が可能となります。

レバレッジ100倍はハイリスク・ハイリターンですが、うまく駆使すれば、投資資金が少ないユーザーでも、大きな利益をあげることも夢ではありません。

“マッスル”

100倍と聞くと不安なユーザーもいるかもしれないが、1〜100倍まで自由に設定が可能なので、自分にあったレバレッジで取引しましょう。

追証がないため、証拠金以上の支払いリスクがない!

海外FXでは一般的なようですが、ビットメックスにも追証がありません

追証とは
追証(おいしょう)とは、追加証拠金の事です。レバレッジ取引をするために預けるお金が不足してしまうと追加でお金を足さないといけなくなります。

追証がないので、預けている資金以上の損失が発生しません。もし急激な相場の変動で、大きく損失が出たとしても、証拠金以上の負けが出ないので安心できますね。

“マッスル”

レバレッジ最大で危険な勝負ができる上に、追証が発生しない!借金リスクなし。みんなBitMEXに集まってくる訳だわ!

ビットコイン以外にも取り扱い通貨が多い!

ビットコイン以外にも取引できる通貨が実に豊富です。

  • Bitcoin(XBT)※ビットメックスでは独自の単位(XBT)となります。
  • Cardano(ADA)
  • Bitcoin Cash(BCH)
  • Ethereum(ETH)
  • Litecoin(LTC)
  • Ripple(XRP)

それぞれ、各通貨によってレバレッジの倍率は異なります。ビットコイン以外では、レバレッジ20倍〜50倍が選べるようになっています。

取引ボリュームが圧倒的に多いのはビットコイン(XBT)ですが、アルトコインにもレバレッジをかけて取引できるのが特徴です。

取引手数料が安い

取引手数料はビットメックス独自の手数料システムになっています。

メイカー手数料とテイカー手数料

成行もしくは板に出ている価格で注文(テイカー)は、0.075%の手数料がかかります。

まだ売買板に出ていない金額を指値で注文(メイカー)すると、マイナス0.025%の手数料となります。

手数料が「マイナス」…という事は、指値で新しく注文を出すと(メイカー)手数料が受け取れるということになります。

“マッスル”

状況によっては当然成行も必要だが、できる限り指値でメイカー手数料をもらえるように注文してみましょう。

Funding手数料

あまり聞き慣れない手数料ですね。ビットメックスでは8時間ごとに手数料が発生します。

日本時間の5時、13時、21時、が発生時間となります。この時間にポジションを持っていると手数料の支払い or 受け取りが行われます。

これは現物のビットコイン価格との乖離を緩和するための手数料として設定されています。

資金調達率

「資金調達率」が「マイナス」の時は、買いポジションなら手数料を受け取り、売りポジションなら手数料支払いとなります。

逆に「プラス」の場合は、買いポジションなら手数料支払い、売りポジションなら手数料受け取りになります。

“マッスル”

5時・13時・21時にポジションを持つ場合は、Funding手数料のことを頭の片隅に意識しておこう

2分でできる!BitMEX(ビットメックス)の登録方法

ここからBitMEXの登録方法をご説明します。まずは、BitMEX(ビットメックス)公式サイトへアクセスしてください。

※当サイトの紹介URLから登録すると、半年間手数料が10%引きになる特典がつきます。

BitMEX(ビットメックス)公式サイト

登録画面で必要事項を入力

登録画面

必要事項を入力の上、「CAPTCHA」を右端へスライドして、「サービス利用規約に同意」にチェックを入れます。

内容を確認して「登録」ボタンをクリック。

登録完了画面

「登録が完了しました。」と表示され、登録を行ったメールアドレス宛にメールが届きます。

メール確認

メールを確認すると、BitMEXからメールが届いているかと思います。

「Verify My Email」をクリックすると本登録が完了です。とても簡単ですね。

本人確認が不要

国内取引所での口座開設では、本人確認書類の提出や、郵便での受け取りが必要ですが、海外取引所のBitMEX(ビットメックス)では、この煩わしい作業が必要ありません。

登録を行うと、すぐに取引が開始できるところは好印象ですね!

BitMEX(ビットメックス)公式サイト

安全のために2段階認証の設定をしよう

もはや常識となってきていますが、アカウントの2段階認証は必ず設定しておきましょう。

“マッスル”

大切な資産を預ける訳だから、最低限のセキュリティ設定はやっておきましょう!

2段階認証の設定

ログイン後、上部メニュー「アカウント」から、左サイドメニューの「マイアカウント」をクリック。

アカウント設定の画面に移動するので、セキュリティの項目の「2 要素認証を有効化」から「Google Authenticator」もしくは、「Yubikey」を選択してください。

Google Authenticator

「Google Authenticator」を選択した場合、QRコードをスマホアプリ(Google Authenticator)で読み取り、表示されるコードを入力して「送信」をクリックしてください。

これで2段階認証の設定が完了です!

BitMEX(ビットメックス)の使い方

まずはBTC(ビットコイン)を入金しよう

ビットメックスは日本円やUSDの入金には対応していません。BTC(ビットコイン)を入金する必要があります。ビットコイン入金の最低額は0.0001BTCからになります。

BTC入金

上部メニュー「アカウント」を選択し、左サイドメニューから「入金」をクリックします。

すると、ビットコイン入金アドレスが表示されるので、そちらへビットコインを送金しましょう。

“マッスル”

入金が確認されるとメールが届くので便利!しばらく時間がかかるので、反映されるまで待機しよう。

取引したい通貨を選択

上部メニューから「取引」を選択します。

取引通貨

取引対象の通貨が並んでいるので、この中から選択しましょう。

取引メインとなる「ビットコイン」ですが、ビットメックスでは1BTCを「1XBT」と表記されています。

XBTはビットメックス独自の単位となりますが、1BTC = 1XBT なので特に気をつける必要はありません。

 オーダーブックの見方

オーダーブック

現在どのくらいの注文が並んでいるのか、オーダーブックで確認することができます。

上に並んでいる赤い文字とグラフが「売り注文(ショート)」、下に並んでいるグリーンの文字とグラフが「買い注文(ロング)」です。

現在の価格が8466.5USDドルあたり。価格は日本円ではなく、USDドル表示になっています。

アバウトですが、1USD = 110円 くらいだと意識しておきましょう。

買い板・売り板から注文してもOKですが、テイカー手数料を取られてしまうので、板に出ていない価格を指値で注文して、メイカー手数料を受け取るのもテクニックのひとつです。

また、オーダーブックはグループ化することで、板の厚みが見やすくなります。大まかに厚みを見たい場合や、細かく板を確認したい時などオプションで設定が可能です。

注文方法

注文画面

画面左側にある「発注」から注文を出すことができます。注文方法は、「指値」「成行」「ストップ指数」から選択できます。

こちらの画面では、「指値」で、数量「5000USD」分を「8500USD」の価格で注文するようになります。

数量、指値を入力して、「買い(ロング)」か「売り(ショート)」ボタンをクリックすると注文が出せます。簡単ですね。

指値注文

指定した価格に指定した数量の注文を置く、一般的な注文方法となります。

成行注文

価格の指定が無く、オーダーブックの中から、安い順に買っていく、もしくは高い順に売っていく事。成行の場合は、数量の指定のみとなります。

ストップ指値注文

設定した価格に到達したら、指値で注文を入れる事ができます。到達時に成行で注文を入れる「ストップ成行注文」の設定もできます。

主にストップロスオーダー(損失を限定させるオーダー)の設定に使用されることが多いです。

はじめは難しく感じるかもしれませんが、慣れてくると使える注文方法です。

レバレッジの設定

レバレッジ設定画面

「発注」の下にレバレッジの設定画面があります。スライダーを動かすことで、1〜100倍のレバレッジの調整が可能です。

左端の「クロス」に設定しておくと、注文した額に合わせて自動でレバレッジの調整を行ってくれます。

特に、固定されたレバレッジで注文したい時以外は、「クロス」に設定しておいて問題ありません。

“マッスル”

クロスにしておくと、証拠金の1〜100倍の注文ができるということですね!

注文の取り消し・ポジジョンの確認

注文キャンセル

現在出している注文や、持っているポジションは、取引画面の下の方で確認できます。

現在出している注文のキャンセルは「キャンセル」ボタンをクリックすると取り消しが可能です。

また、注文が通ってポジションを持っている場合は「ポジション」タブをクリックすると、現在のポジションを確認することができます。

BitMEX(ビットメックス)で気をつけておきたい点は?

長くポジションを持たない

Funding手数料で発生する手数料が気になるところです。手数料を受け取れる場合もありますが、支払いの場合は、地味に削られていきます。

ビットメックスはこの性質上、短期(スキャルピング)トレードに適した取引所だと感じています。

レバレッジ100倍は諸刃の剣

レバレッジ100倍はギャンブル精神を刺激される魅力がありますが、本当にハイリスク・ハイリターンです。

すぐに資金が底を尽きてしまう可能性があります。はじめは小さいレバレッジからスタートして、どのくらいの値動きで資産がどのくらい影響を受けるのかを把握して、自分に合ったレバレッジで取引するように心掛けてみましょう。

“マッスル”

マッスルは欲張りすぎて、何度も焼かれてしまった…まずは退場しないことが一番大事。小さいレバレッジから少しずつ経験を積んで、自分なりのトレード方法を見出してみよう。

資金は余剰金で

ビットコインFXは、下げ相場でも利益を出すことが可能であったり、原資が何十倍、何百倍になった!という話も耳にします。

しかし、借金リスクがないとはいえ、資金がゼロになる可能性があります。リスクを理解された上で、資金は余剰金でチャレンジするようにしましょう。

おわりに

BitMEX(ビットメックス)は、今一番人気の仮想通貨FX取引所と言っても過言ではありません。

操作も簡単で、日本語にも対応しています。はじめてFXに挑戦される方も多いかと思います。

ご自分のトレードスタイルを確立して、ビットメックス・ライフが輝くことを願っています。

 

今日はここまで!お読みいただきありがとうございました。

BitMEX(ビットメックス)公式サイト