【BitMEX】ビットメックスの取引画面をカスタマイズ。簡単な使い方をマスターしよう

BitMEX(ビットメックス)

こんにちは。マッスルです。

ビットコインFXで最大の人気を誇るBitMEX(ビットメックス)で、今日も熱いバトルが繰り広げられています。

海外の取引場ですが、日本語対応してるのは嬉しいですね。ただ情報量が多いので、慣れない人は操作に戸惑うかもしれません。

実は、取引画面は自分が使いやすいようにカスタマイズできるの知っていましたか?

今日はBitMEX(ビットメックス)の取引画面を見やすくカスタマイズする方法・使い方をご紹介します。

BitMEX(ビットメックス)公式サイト

BitMEX(ビットメックス)の取引画面を簡単カスタマイズ

アニメーションを無効にしよう

初期設定ではアニメーションが有効になっています。ユーザーの取引や、値動きに対して、「チカチカ」とアニメーションが動作するようになっています。

メニュー右上のオプションメニューから、アニメーションのチェックボックスを外すことで、アニメーションが無効になります。

アニメーション無効

アニメーションを無効にすることで、CPU使用率を節約することができます。サイトが重いな〜と感じた場合は、是非試してみてください。

“マッスル”

ユーザーの好みもあるけど、マッスルは派手なアニメショーンを無効にすることでトレードに集中するようにしている

オーダーブックをカスタマイズ

オーダーブック

オーダーブックの初期設定では、中央に現在のレートが表示されており、下に並んでいるグリーンが買い(ロング)板を、上に並んでいるレッドが売り(ショート)板を表しています。

オーダーブック

「オーダーブックのオプション」の「コラム」をシングルから「デュアル」に変更すると、左側に買い(ロング)板、右側に売り(ショート)板が並びます。

シングルよりも、多くの板を確認することができます。

また「グループ化の数値」を変更することで、板の厚みを見やすく調整することができます

“マッスル”

大まかに厚みを見たい場合は「10」以上、細かく板を確認したい場合は「1」などに設定してみましょう

ドラッグで自由にレイアウト

各タブは、タブ上部をドラッグすることで、簡単に移動できます

簡単移動

“マッスル”

これで自分好みのレイアウトに調整することができますね〜

BitMEX(ビットメックス)公式サイト

高機能なチャート

BitMEX(ビットメックス)のチャートはかなり高機能です。TradingViewというチャートツールが元になっています。

各種テクニカル分析ツールを実装しており、チャートのカスタマイズもかなり細かく行うことができます。

時間足

時間足は、1分・3分・5分・15分・30分・1時間・2時間・3時間足で確認する事ができます。

また、別ウィンドウで拡大表示した場合は、さらに多くの時間足を確認することができます。

チャート種類

「チャートの種類」切替では、バー、ローソク足、中空ローソク足、平均足、ライン、エリアなど、好みのチャートを表示することができます。

インジケータ追加

「インジケータ追加」では、移動平均線やMACDなどのテクニカル分析ができます。

別ウィンドウで拡大表示

こちらのボタンをクリックすると、別ウィンドウでチャートの拡大表示ができます。

簡単スナップショット

「簡単スナップショット」ボタンをクリックすると、表示されているチャートのキャプチャーを撮ることができます。Twitterなどへ簡単に投稿することが可能です。

シンプルな取引画面はベーシックを選択

ダッシュボードのレイアウト

雑多な取引画面をシンプルにしたい場合は、「ダッシュボードのレイアウト」で「ベーシック」を選択。

ベーシック画面

すると「オーダーブック」「チャート」「最近の取引」「ポジション」のみ表示されます。

元に戻したい場合はリセット

色々カスタマイズしたけど、やっぱり元に戻したい場合は、「リセット」を選択すると元通りになるので安心です。

リセット

まとめ

ビットコインFXを始めたばかりで、情報量の多さに圧倒されてしまい、操作が難しいと感じてしまうユーザーは多いと思います。

まずは、シンプルな取引画面に慣れて、徐々に便利な機能を追加する流れをオススメします。

みなさんのビットメックス・ライフが輝くことを願っています。

 

今日はここまで!お読みいただきありがとうございました。

BitMEX(ビットメックス)公式サイト